ナイフとフォークで作るブログ

小説とアニメ、ときどき将棋とスポーツと何か。


アニメ

『たまこラブストーリー』感想②  〜 演出、特にファンタジーのこと 〜

名作だと思う。 『たまこラブストーリー』は、名作だと思う。 青春アニメ映画としては、『耳をすませば』(1995年)以来の出色の出来だ。 ゼロ年代以降、質の高いアンメーション作品を作り続けてきた京都アニメーション(以下、京アニ)にとり、一つの到達点…

『たまこラブストーリー』感想 ①  〜 二人だけのものではない、恋物語 〜

『たまこラブストーリー』への期待 『たまこラブストーリー』というタイトルを聞いたとき、嬉しく感じた。 北白川たまこというキャラクターを、もっと知りたいと思っていたからだ。朗らかで靭やかでいて、しかし自らの心情をなかなか口に出せないでいる彼女…

『たまこラブストーリー』を見る前に  〜 たまこは如何にむけるのか 〜

母性と女性 『たまこまーけっと』の北白川たまこの人となりを考えるに当たり、母の不在を無視することはできない。 たまこが家業や家事をしっかり手伝えるのは、彼女が母を喪失するまでの間に、母から学び取った母性ゆえだろう。 それに対し、もち蔵(さらに…

『輪る荒川美穂』

ボケっと『魔法少女大戦』を見ていたら主人公青葉鳴子の声優が、荒川美穂さんだった。(※『魔法少女大戦』は3話ごとに舞台が変わり、荒川さんは1〜3話の主人公です) 荒川さんといえば、『輪るピングドラム』の高倉陽毬役が代表キャラだと言って、否定す…

『一週間フレンズ。』1話を見た感想。  〜 ささやかな希望を、想像してみた 〜

『一週間フレンズ。』を1話だけ見た。 一週間毎に記憶を失っていくヒロインと、彼女を慕う少年の物語だ。 記憶をめぐる物語 物語が進んでも、記憶(思い出が)積み上げられないとなると、終わるときにも状況は変わらない訳で、それではあまりにも救いがない…

『アナと雪の女王』の感想 〜 それは現代アメリカの、新たな民話 〜

求められる人物像と、自己 『アナと雪の女王』を観た。一つ思ったことは、高畑勲『かぐや姫の物語』と、部分的にモチーフが重なっているということだ。大まかに言うと、ある登場人物に関する、他人(大衆)から求められる人物像と、自己との齟齬の問題である…

『ひだまりスケッチ』のこと

ひだまりスケッチとかいうアニメwwwwwwwwwwwwwwwというまとめを読んでいて、なんだか好い気分になりました。 「沙英&ヒロ卒業編」があったのだけど、やっぱり5期のスタートを期待してしまいます。原作は読んでないので、分からないけれど、…

『ウィッチクラフトワークス』これまでの大雑把な感想

今期のアニメで一番好きな作品は何かというと、『ウィッチクラフトワークス』です。 始まる前は全くノーチェックだったのですが、たまたまスタート前の予告編を目にして、火々里さんと、たんぽぽさん達の戦いのシーンに惹かれ視聴すると、これが面白かった。…

魔法少女まどか☆マギカ fone

魔法少女まどか☆マギカ foneのiphone版が制作されるらしい。まだまだ、リリース時期は未定だけれど楽しみです。ちっとばかし、価格が高めなんですけど是非手に入れたいです。佐倉杏子推しなので、このデザインにしたいななどと考えています。 紹介動画 魔法…

『キルラキル』感想 〜 ド派手な姉妹喧嘩が見たいんだ 〜

アクの強い傑作 キルラキル、傑作だ。 独特の世界観があり、魅力的なキャラクターが居て、声優の演技には緊張感があり、脚本に抜かりがない。そしてキャラクターデザインにオリジナリティーがある。 確かにアクの強さの為に、はなから受け付けない人も居るか…

『ズヴィズダー』を見て、ウクライナの平和を祈る

ナターシャ a.k.a.ウーム教授 『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』、面白いです。 ストーリーの風呂敷は大きいのに、変に捏ねくり回してないのがよい。とりあえず「征服」すれば問題ないから、すごく明快。 それに、それぞれのキャラが立っている。敵役のホ…

『夏色キセキ』を見ている。

面白いと思う。 『夏色キセキ』は、ざっと検索する限りあまり評価の高くない作品みたいだけれど、自分は面白いと思う。スフィアの4人が主役だとか、ローソンとのコラボだとかが引っかかって、評価に影響したんじゃないだろうか。 でも作品自体は、ファンタ…

どうしてモテるのかを、どう描くか。 〜『未確認で進行形』などから 〜

『いなり、こんこん、恋いろは。』『未確認で進行形』『ニセコイ』の最初の2,3話くらいを見た。恋愛モノだ。 どの作品もヒーロー役の男キャラが、女の子からモテる(好かれる)展開になるのだと思う。『いなり』はストレートに一対一の関係。『ニセコイ』…

チアリーダーのほむほむ

まどマギと、ローソン、アサヒ飲料のコラボキャンペーンで、ほむらのチアリーダーフィギュアが当たるらしい。ほしいですなぁ。 http://lwp.jp/mm7/campaign/static/mm7/

TVアニメ『ニセコイ』:2話まで見た感想。

※ネタバレはほとんどないはずですが、一応ご注意下さい。 第一印象 ジャンプで連載している漫画は読んでいないので、予備知識はほとんどないまま視聴しました。 とりあえず、千棘さんと小野寺さんが楽君を巡って恋の鞘当てをする話かなと思いました。でも、…

『境界の彼方』第3話「ムーンライトパープル」 〜 感想など

※以下、ネタバレあります。注意して下さい。 感想 第3話というより、これまで見てきて思うことなのですが、『境界の彼方』のテーマや雰囲気は重めというか、暗めなのに、奇妙なコメディー調のシーンを入れるのは失敗でしょう。例えば、秋人、博臣の初コンタ…

『けいおん!!』第27話「計画!」見直しました!

第27話「計画!」感想を少し※以下、ネタバレあります。注意して下さい。 時期的には「夏フェス」より後で、まだ夏休みが終わらないうちのようです。 そんな頃なので、みんな私服夏服姿です。つまり、露出度高めです。よく、アニメに「水着回」なるものがあ…

『けいおん!!』第26話「訪問!」見直しました!

第26話「訪問!」感想を少し ※以下、ネタバレあります。 今回は「訪問!」というタイトルで、唯、律、澪、紬の四人がさわこ先生の家を訪問します。この設定で、うまい具合に3年生組+さわこ先生と、2年生組に分かれた物語になってます。 最初に見たときは…

『境界の彼方』第二話「群青」 〜 感想など

※以下、ネタバレあります。注意して下さい。 感想 タイトルの「群青」は何を表しているでしょうか。一話の「カーマイン」が栗山さんに繋がる色だと考えているので、やはり今回も同じやり方で、色が、特定のキャラを示しているのかもしれません。だとすると、…

『境界の彼方』第一話「カーマイン」 感想など

※以下、ネタバレあります。注意して下さい。 はじめに 10月から始まった『境界の彼方』、まだ一話だけですが、面白かったです。 絵柄は、京アニらしいなと思います。基本的に京アニの女の子キャラは好きなのですが、今回のヒロイン「栗山未来」さんは、そ…

『私モテ』の主人公の名前がわからない!

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』第1話を見て ※以下、多少ネタバレあります。原作も読まず、予備知識なく見てみました。 最近の多い、タイトルが長い系ハーレムラノベ(『俺修羅』『俺ガイル』etc)の、女主人公版だろうといった曖昧な想像…

『けいおん!!』第25話「企画会議!」見直しました!

第25話「企画会議!」感想を少し ※以下、ネタバレあります。 ここから3話は、番外編です。 今回の内容は、次年度の新歓に向けて部員勧誘ビデオを作りましょう!という話です。 3年生4人は卒業するので来年は居ないのですが、梓と一緒にビデオ作りをする…

『けいおん!!』第24話「卒業式!」見直しました!

第24話「卒業式!」感想を少し ※以下、ネタバレあります。 今回は、2期テレビ放送分の最終回です。 卒業する3年生4人は、思いのほかケロッとしていて悲しみに沈むことはありません。むしろ、悲しみを感じているのは梓でした。 だからこそ梓に感情移入し…

『けいおん!!』第23話「放課後!」見直しました!

第23話「放課後!」感想を少し ※以下、ネタバレあります。 今回は、卒業式前日の話です。 タイトルは「放課後!」ですが、半分くらいは授業中の話です。いくら三年生とはいえ、まだ授業やっている時間に学校で遊んでていいんですかね?なんて疑問は野暮で…

大友克洋『SHORT PEACE』は7月20日公開!

『SHORT PEACE』予告編 5月11日のロケットニュースの記事です。【AKIRA】大友克洋先生の最新作アニメ映画予告映像がYouTubeにアップついにキターッ!! 漫画『AKIRA』ファンならびに “世界の大友” こと漫画家・大友克洋先生ファンのみなさま、おまたせしま…

『けいおん!!』第22話「受験!」見直しました!

第22話「受験!」感想を少し ※以下、ネタバレあります。 今回は、唯、律、澪、紬4人の受験と、梓、憂、純3人のバレンタインデー活動の話です。 この4人と3人を対比してみると、いかに3年生4人のキャラクターが立っているかが分かります。まあ、主人…

『けいおん!!』第21話「卒業アルバム!」見直しました!

「卒業アルバム!」感想を少し ※以下、ネタバレあります。 21話は、取り立てた内容があるわけではないですが、卒業アルバムの個人撮影を通して、唯たちの高校生活が終わりに近づいていることを感じさせる回です。 個人的に好きなのは、紬が、唯やみんなの…

『日常』を見終えて 〜そこそこ回るちっちゃいやつなのです〜

「日常」 日常。広辞苑第五版の語釈に「つねひごろ、ふだん、平生、平常」とある。しかし、この言葉は二つの位相に分類できる。 一つ目は、社会や文化、あるいは組織、集団で普遍的に共有される日常だ。 例えば、新年を祝ったり、土曜の次に日曜が来たり、車…

『けいおん!!』第20話「またまた学園祭!」見直しました!

「またまた学園祭!」感想を少し ※以下、ネタバレあります。 今回が、『けいおん!』シリーズの中で一番好きな回です。 何というか、『スラムダンク』の「先生バスケがしたいです」という三井寿の言葉と一緒で、ライブ後の部室のシーンは、唯やみんなが泣き出…

『けいおん!!』第19話「ロミジュリ!」見直しました!

「ロミジュリ!」感想を少し ※以下、ネタバレあります。 今回はまさに学園祭当日の話。 一日目、唯たち3年2組のクラス劇『ロミオとジュリエット』が上演されます。 学園祭の芝居って、完全に素人が演じるので、どうしても恥ずかしさがある。でもだからこそ…