ナイフとフォークで作るブログ

小説とアニメ、ときどき将棋とスポーツと何か。


小説・文学

若竹七海『スクランブル』の感想 〜 玉子以上、玉子未満 〜

玉子・卵・タマゴ 「スクランブル」 「ボイルド」 「サニーサイド・アップ」 「ココット」 「フライド」 「オムレット」 各章題に玉子料理が並ぶ。 白い楕円形の玉子。遠くからジッと眺めようが、近くに寄ってジロジロ観察しようが、一つ一つの明らかな違い…

上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編』感想。

ファンタジー×物語×少女の成長 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編』読了。とても面白かった。 以前に『精霊の守り人』『闇の守り人』を読んでいたので、上橋のファンタジー世界の創造力と、物語を組み上げる筆力の秀でていることは認識していたが、本作ではさら…

漫画『陽のあたる家 〜生活保護に支えられて〜』を読んだ感想。 〜 生活保護を考える入り口として 〜

さいきまこ『陽のあたる家 〜生活保護に支えられて〜』(秋田書店/2013年)は、なるべく多くの人に読まれて欲しい作品だ。 生活保護についての理解がなかなか広まらない現状が有る。それはやはり不幸な事態だ。 人が生活していれば、ときには思いがけな…

綿矢りさ『勝手にふるえてろ』感想。  〜 ふるえてるのは、綿矢りさ 〜

「もういい、想っている私に美がある。イチはしょせん、ヒトだもの。しょせん、ほ乳類だもの。私のなかで十二年間育ちつづけた愛こそが美しい。イチなんか、勝手にふるえてろ」(綿矢りさ『勝手にふるえてろ』文春文庫版 p131)『インストール』『蹴りたい背…

羽生善治『大局観 ── 自分と戦って負けない心』を読んだ感想。

「大局観」の朧気な形 タイトルは『大局観』とあるが、それについては最初に概括的に述べられていて、あとは時々言及される程度だ。つまり一冊通して「大局観」を語った本ではない。むしろエッセイ的な書き口で、テーマは各章各項ごとに変化する。 それらの…

有川浩『図書館戦争』を読んだ感想。  〜 それは自然に、荒唐無稽な物語 〜

突っ込まないが吉 『図書館戦争』を読んでいて、(恐らく)法治国家である作品舞台の日本で、同一の法体系下にありながら、武力行使が為されているのは可笑しいだろ、と突っ込みを入れたら負けだなと思った。 これは『ハリーポッター』と同じで、学校行事で…

恩田陸『卒業』を読んだ感想。 〜 卒業、あるいは希望と絶望の相転移 〜

『卒業』は、短篇集『朝日のようにさわやかに』に収録されている。 この短編は、何者かに囚われた少女たちの逃避の物語だ。彼女達はそれを卒業と言う。 短い物語ゆえに、出来事の前後関係は不明だが、彼女達は僅かな希望を求めて異形の者の支配から逃げ出す…

西村賢太『けがれなき酒のへど』を読んだ感想。

処女作 『けがれなき酒のへど』は、西村賢太のデビュー作だ。そして、私が初めて読んだ西村作品だ。 ある作家を知る時には、処女作から読むのが好もしいと思う。その作家の、書きたいことが書き込まれている(可能性が高い)からだ。次作の確信のある作家な…

北村薫『秋の花』:考察2 〜女性としての「私」の成長〜

北村薫『秋の花』:考察1 〜本を読む「私」の成長〜の続きです。女性としての「私」の成長 『秋の花』での「私」の女性としての成長は、周囲の人間との関係によって促される部分が大きい。ある人は「私」の足らないところを積極的に補い、別な誰かは意図す…

サン=テグジュペリ『人間の土地』を読んで。

空 サン=テグジュペリといえば『星の王子さま』です。それ以外で、はじめてサン=テグジュペリについて知ったのは2000年頃の、彼の名前の刻まれたブレスレットが見つかったというニュースで、でした。その後に、『夜間飛行』(『南方郵便機』併録)を読み…

北村薫『秋の花』:考察1 〜本を読む「私」の成長〜

『秋の花』:「私」の成長物語 『秋の花』は北村薫による《円紫》シリーズで三番目に出版された作品だ。シリーズ初の長編となっている。 この作品は、よく知られているようにミステリー小説だ。 しかし、ここではミステリーの要素には触れずに、主人公である…

恩田陸論:「くり返し」という主題について

恩田陸の作品を読むのは『図書室の海』で三冊目だ。最初に読んだのは『夜のピクニック』、二冊目は『六番目の小夜子』である。恩田陸の作品は優に五十以上あるので、読んだ量はまだまだ少ない。「くり返し」という主題 しかし読んだ作品が少なくとも、思うこ…

読書録:桐野夏生『グロテスク』を読んで。 その2

一応、 http://snapkin.hatenablog.com/entry/2013/09/19/005131 の続きです。 はじめに 『グロテスク』は、とても面白い小説だった。特に上巻で描かれている「わたし」の小さな王国と、物語に漂う拭い切れない不穏さが魅力的だった。下巻については、物語を…

読書録:桐野夏生『グロテスク』を読んで。

枕 『グロテスク』を読み終わったので、今日はそれについてブログに書こうと思っていた。ところが、ニコ生で将棋の「王座戦」第二局、羽生善治王座対中村太地六段が流れていて、それに見入ってしまった。そのために、二つあった書きたいことのうち一つしか書…

百伍圓読書録5:宮部みゆき『火車』を読みました!

私的、宮部みゆき体験 宮部みゆきの作品を読んだのは、この『火車』が二作品目で、はじめに読んだのは『ブレイブ・ストーリー』でした。つまり宮部作品の経験は少ないです。 正直なところ、宮部みゆきという作家に対する認識の持ち様すら、まだ定まっていま…

読書録:米澤穂信『リカーシブル』を読んで。

感想 ※以下、ネタバレあります。 米澤穂信が好きで、発表された作品の少なくとも半分以上は読んでいるはずです。 その中で『リカーシブル』は、あまり出来が良いと感じませんでした。もちろん米澤穂信が書く訳ですので、ある程度の質は保証されています。あ…

読書録:団鬼六『真剣師小池重明』を読んで。

私的解説 小池重明の人生は、将棋界の正史に対する外伝だ。 凄腕の真剣師であり、ときにプロ棋士を凌ぎながらプロ棋士にはなれず、度重なる素行の悪さからアマチュア将棋界での居場所も失う。将棋の強さとは裏腹に、ついに小池重明が将棋世界の本流に乗るこ…

百伍圓読書録4:有川浩『阪急電車』を読みました!

雑感 『阪急電車』、期待してたより面白いなあと思いました。この作品が映画化されていることを知っていましたが、「映画化=単純な物語」という完璧な予断を持っていて、期待しなかったのです。たまたま近くにあったから、暇つぶしに良さそうだからと読み始…

百伍圓読書録3:司馬遼太郎『夏草の賦』読みました!

挫折者としての長宗我部元親 『夏草の賦』は司馬遼太郎の作品群の中では、やや知名度の低い作品ではあるが、一読すればファンになる人も多いように思う。 長宗我部元親は実力も野心も申し分なく持っていたが、地理的不利を克服することができなかった。英雄…

恩田陸『六番目の小夜子』読んだ感想です。

不完全さについての物語 『六番目の小夜子』は不完全さについての物語だ。その物語は二組の男女を通して語られる。 一組目は花宮雅子と唐沢由紀夫。二人の恋物語は、初々しく清らかだ。彼らは互いに、「好きだ」とか「付き合って欲しい」という言葉を口にし…

百伍圓読書録2:恩田陸『六番目の小夜子』読みました!

百伍圓読書録というのは、ブックオフの105円コーナーで手に入りそうな本に限定して雑感を書くシリーズです。今度で2回目です。ちなみに1回目は綿矢りさ『インストール』でした。105円コーナーは手を出しやすいので、食わず嫌いしていた作家なんかに…

百伍圓読書録:綿矢りさ『インストール』読みました!

百伍圓読書録のこと ブックオフの105円コーナーって楽しいですよね。 品揃えが豊富ですし、五十音順に整理されていて探すにも便利です。流石にリアルタイムのベストセラーや流行作家の新刊なんかは手に入りません。でも、そこには沢山の名作が置かれています…