読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイフとフォークで作るブログ

小説とアニメ、ときどき将棋とスポーツと何か。


『けいおん!』第11話、見直しました!

アニメ けいおん!

けいおん!』第11話「ピンチ!」


この回、苦手で、でも大好きです。
澪に悪絡みする、律の姿を見ると心が痛くなります。
そして、澪が階段を上がって、律の部屋に入るシーンでは心が震えます。
この二人はどれだけの時間を一緒に過ごしてきたんでしょうか。その時間が長いだけでなく、とても親密な時間だったことが、ひしひしと伝わってくる、とても好きなシーンです。

見ていて気がついたこと


以下ネタバレの可能性有ります。

  • バンド名、唯案「平沢唯とズッコケシスターズ」。
  • 澪案「PurePure」。二度も提案しています。
  • レスポールをメインテナンスしてもらう場面、弦が切られるときに唯は「私のギターが裸にされていくぅ」と言っています。この時点ではまだ「ギータ」と命名されていなかったのでしょうか。
  • ギターのメインテナンスが終わったときに、唯は「ギータ」と言います。初「ギータ」です。このとき梓が「名前つけてたんだ」と言っていますが、前項を考慮すると、この瞬間に「ギータ」と命名されたとも考えられます。
  • 紬「りっちゃん、アイス溶けちゃうのに」。律が如何に澪を慕っているかが分かる台詞だと思います。
  • 「わかるよぉ、澪の足音は」←滅茶苦茶いい台詞です!
  • 放課後ティータイム」は結局、さわこ先生による命名です。

11話目、以上です。
律と澪の回ですよね。
個人的には、律の気持ちがよく分かります。なんて言うのは、少し恥ずかしいですね。

けいおん! (3) (まんがタイムKRコミックス)

けいおん! (3) (まんがタイムKRコミックス)