読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイフとフォークで作るブログ

小説とアニメ、ときどき将棋とスポーツと何か。


【印象深い文章】伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』より(2)

久遠が以前に、「人間の最大の欠点の一つは、『分をわきまえないこと』だよ。動物はそんなことがない」と言っていた

引用元:伊坂幸太郎陽気なギャングが地球を回す』(文庫版)祥伝社(平成18年2月20日発行)p281


 これは雪子のエピソード記憶で、はて、ここ以前に久遠のそんな言葉あったかと思い、ざっと確認したが見つからなかった。「分をわきまえる」という言葉は個人的に興味ある言葉なので(※)、読んで記憶に残らないとも考えにくく、やはり久遠のこのセリフが出たのはここが初めてだろう。丁寧に伏線を張る伊坂幸太郎にしては以外な感じがする。


 ちなみに同書p178とp179を跨ぐ箇所に、人間とチンパンジーとヒューマニズムに関する久遠の言葉(「理由もなく敵地に侵入襲撃するのはチンパンジーと人間だけって聞いたことがある……」)があり、その辺りから彼の思考を推測すると、上の言葉はいかにも久遠の言いそうなセリフではある。


 もし「分をわきまえる」という言葉が入ってなければ、気に留めなかったやもしれぬことは否定できないが、どうせなら、実際に久遠がセリフを発している場面も書いて欲しかった。
 なんとなれば「人間の最大の欠点の一つは、『分をわきまえないこと』だよ」という言葉には久遠の人柄、内面のエッセンスが鋭く表れていると感じられるからだ。

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)


※ 「分をわきまえる(弁える)」に関係しては、以前にこのエントリーを書いた。snapkin.hatenablog.com