読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイフとフォークで作るブログ

小説とアニメ、ときどき将棋とスポーツと何か。


つくみず『少女終末旅行』2巻の感想  〜 文明を葬送する二人 〜

漫画 つくみず

『少女終末旅行』

 チトとユーリ、二人の少女が文明の崩壊した終末世界を愛車のケッテンクラートで旅をする物語。それが『少女終末旅行』です。実際は文明が崩壊したと明言されていないですし、チトとユーリの移動が旅と呼べるものかも定かではありません。まあしかし、とにかくそういった物語です。

平和な終末

 終末というと、荒廃した危険な世界(『北斗の拳』や『AKIRA』、『マッドマックス』など色々あります)というイメージと結びつきやすいかと思われますが、本作は違います。
 生存している人間はごくごく少数で、かつ悪意を持ったような人物は(いまのところ)見受けられません。放射能による汚染もないようです。また、獰猛な野獣がいるとか、人工知能を持った殺戮兵器が闊歩している様子もありません。
 チトとユーリが旅する終末世界は、人のほとんど残っていない、しかしどことなく平和な世界です。

文明の葬送

 『少女終末旅行』1巻(特に前半)では彼女たちの生活風景が描かれていました。そのあたりから本作を、舞台の特殊な日常系作品として受容する向きもあるようです。ただ、それを以って『少女終末旅行』を、日常漫画としてだけ認識するのは些か詰まらなく感じます。
 日常についてのエピソードがあると同時に、本作は別なテーマも有していると考えるからです。そのテーマは、文明の葬送です。


 1巻の後半には、失われた「本」についてのエピソード、また「地図」を巡るカナザワとの話が描かれています。そして2巻では「カメラ」や「音楽」、そして「飛行機」とイシイについての物語が取り上げられています。それらはどれも文明が生み出した事物です。
 チトとユーリは、それら文明の名残に接することで、細々とであれその文明を継承したのでしょうか。いいえ、違うでしょう。むしろ彼女たちが文明の遺物に触れることで、それら遺物は最後の姿を白日に晒し、昇天していくのです。
 その昇天を見守り、葬送する者がチトとユーリです。事実「地図」は飛散し、「飛行機」は落下していきます。それらは、最後の姿を葬送者である二人の少女の眼前に晒し、天に昇ったのです。


 チトとユーリの旅(移動)の行く先は今はまだ分かりません。さしあたっては食料と燃料を補給し、それらがより多く残ていそうな方角へと進んでいるようです。
 しかし一方で、その道中に出会う様々な文明の名残を葬っていくことが、彼女たちの旅の、意図せざる(あるいは絶対者から託された)目的のように思われてなりません。

少女終末旅行 2 (BUNCH COMICS)

少女終末旅行 2 (BUNCH COMICS)