ナイフとフォークで作るブログ

小説とアニメ、ときどき将棋とスポーツと何か。


佐賀純一『戦争の話を聞かせてくれませんか』感想  〜戦争と日常の距離〜

 私は戦争を知らない世代の人間です。ただ、祖父母や数人の先輩方から戦争体験を聞いたことがありました。
 本書『戦争の話を聞かせてくれませんか』は、佐賀純一が市井のごく無名の方々が語る戦争体験に耳を傾け、文章にまとめたものです。それらの体験談を読むに際し、わずかとはいえ私自身が戦争体験を聞いた記憶が、読み解くための有効な手がかりとなりました。
 自分が聞いた戦争の風景とは別の風景。しかし、それぞれが確かに繋っている戦争の風景を、本書を読み、知りました。


 各体験談に語られている内容は、もちろん凄惨なものが多いです。しかし一方で、戦争開始時期の日本国民の高揚、興奮を表した言葉もあります。なかでも印象的だった言葉は「夏目坂と焼夷弾」にありました。

 開戦の朝は、はっきり覚えています。七時のラジオで「帝国海軍は本八日未明西太平洋において米英軍と戦闘状態に入れり」という放送を家族全員で聞いて、全身が熱くなってワナワナと震えるような興奮を覚えました。

(※佐賀純一『戦争の話を聞かせてくれませんか』新潮文庫、2005、p123。以下引用は同書から)
 とかく戦争といえば消極的な言葉で語られがちですが、ある時代の日本人がそれを積極的に肯定していたことはやはり無視できません。そのことを強く思い知らされました。


 また不思議なことに、どの体験談を読んでいても言葉の端々から「戦争」のなかに「日常」を見いだそうという意思が感じられました。戦争と言う極限状態にありながらも、ささやかな日常がまだ残されていて、それを確認したいという欲望を多くの人が持っていたのかもしれません。あるいは長い時を経て、語り部たちは、戦争にも日常があったと感じたいと望んだのかもしれません。
 そういった戦争と日常の混ざり合いを理解するヒントになりそうな言葉が、筆者あとがきにありました。

戦争はいつの間にかどこからかやって来て、日常生活と同居し、やがて日常を占領したのだ。つまり日常の延長がいつの間にか戦争になっていたのだ

(同書 p376)
 おそらく日常を完全にふり払った戦争などありえないもので、だからこそ各人の戦争体験談には、死と隣り合わせになった状況にしては些か不思議な人間味ある精彩が帯びているのかもしれません。


 戦争体験者が次々と世を去るなか、ますます戦争の話はリアリティーを失っていくでしょう。本書のような作品はその流れに抗う小さな力になると思います。少しでも多くの人に読まれるとよいなと思います。

戦争の話を聞かせてくれませんか (新潮文庫)

戦争の話を聞かせてくれませんか (新潮文庫)

木村義雄『ある勝負師の生涯 将棋一代』感想  〜 垣間見られる戦前の生活、風俗が興味深い 〜

 木村義雄、将棋界の実力制第一代名人であり、第十四世名人(永世名人資格獲得による)である。


 タイトルに『ある勝負師の生涯』とあるが、木村義雄の生涯の初めから終わりまで描かれているわけではない。幼い時期から、一度失った名人位を再奪還復位するまでの姿が描かれている。


 本書からは当然、大成した木村義雄という将棋棋士を知ることもできるし、あるいは、木村の師匠である関根金次郎十三世名人の英断により、家元制名人時代から実力制名人時代へと変容する将棋界の歴史を知ることもできる。
 一方、そういった将棋に関する面とは別に本書を読み面白いと感じたのは、大正期から昭和初頭つまりは戦前の人々の生活、風俗が垣間見られたことである。


 木村の生家は貧しい下駄職人の家であり、幼い弟を病で亡くしたり、妹を口減らしのために他家へ出さざるを得ないということもあった。また木村が少年の頃に病気で亡くなった母は、たった一度しか病院へ行くことができなかった。そういった剥き出しの貧しさに、木村義雄という窓を通して触れることができた。
 また、とうとう店立を食うという事態に至った木村一家を助け住まわせてくれたのも、同じように貧しい人たちだった。貧乏人が寄り添いながら暮らしていく風景など、現代から見れば容易には想像できないが、そういった風景を知ることができた。


 貧困にあえぐ人々がいる反面、当時はまだ華族がいた時代でもある。華族の人間は有望な若者を養ったり、文化の保護者となったりすることがあった。事実木村義雄も、好んで将棋を援助した柳沢保恵伯爵家に書生として住み込み、慶應普通科に通った。これこそ、かつて日本にもあった社会的階級の一例であろう。


 木村一家が浸かっていた貧しさや、華族との関わりは本書の主題ではないかもしれない。しかしそういったバックグラウンドもしっかり描かれていることによって、木村義雄という棋士の姿が一層際立って見えてくる。そして私はその背景の方に、より強い面白さを感じたのである。


 余談になるが、本書の最後の文章は木村義雄の父について綴られている。また本書のうちで、木村が家族について書いた文章からは優しさが色濃く感じられる。それはやはり、かつて貧しさのために甘んじて受け入れざるを得なかった苦しみ、悲しみが源となっているのだろう。


 もう一つ余談になるが、本書の巻末に「父の思い出」という木村義徳木村義雄の三男)の文章が載せられている。そこに義徳が祖父(つまり義雄の父)から聞いた明治末の逸話が少しだけ書かれている。中にはコレラが流行ると魚が安くなり、ここぞと庶民が刺身を食べるというものがある。とても興味深く読んだ。


ある勝負師の生涯―将棋一代 (文春文庫)

ある勝負師の生涯―将棋一代 (文春文庫)

齋藤学の移籍について感じたこと(3)  〜 ゼロ円移籍への不満編 〜

 今回も斎藤学の移籍に関係したエントリーです。
 ただこれまで2回(愚痴編同情編)とは違い、齋藤学の移籍についての具体的な話題ではなく、日本サッカー界の移籍事情全般に関する、ある不満を記します。
 ずばりゼロ円移籍への不満です。(ゼロ円移籍とは、契約期間満了後の移籍であり、移籍金が発生しない、つまりゼロ円である移籍のことです)。
 今回の斉藤学の移籍はゼロ円移籍でした。これはマリノスが昨シーズンの終了後、彼の海外移籍という希望を汲み単年契約を結んだことによります。しかし、それでよいのでしょうか。もちろんよくありません。


 海外サッカーの移籍ニュースでは移籍金が幾らということが盛んに報じられます。例えば、ネイマールが2億2200万ユーロの移籍金でパリSGに移籍したといった具合です。
 一方で日本国内の移籍ニュースでは、そういったことはほとんど報じられません。それどころか海外ニュースであれば当然に「移籍金」とされる部分に、「(残りの契約に対する)違約金」という表現が使われたりします(※1)。違約金という言い方は正しいようで、まったく正しくありません。世界的に見ると、サッカー選手の移籍には移籍金(≒違約金)の伴うことが前提とされているからです。


 世界のサッカー界は、様々な地域の様々なレベルのクラブが有機的に絡み合いながら成立しています。そういった状況で、小規模クラブの有力選手がビッククラブに移籍する際に、移籍金が支払われることで小規模クラブにも資金が還元される仕組みができあがっています。
 そのために契約は複数年契約が基本となり、契約最終年を迎える前に、契約を延長するか移籍するかがクラブと選手の間で話し合われます。その話し合いが円滑に進まないまま契約最終年をむかえてしまうと、試合に出る機会を与えられない、つまりは干されてしまうこともありえます(※2)。
 もちろん、そういった移籍金による資金還流の仕組みが全て完璧に機能している訳ではありませんが、その仕組みのおかげで、異なった地域、カテゴリーに属する多数のクラブが存続できていることも事実です。


 しかし日本では、そういった常識が常識としては機能しません。結果的に、資金のあるビッククラブが、育成型クラブからリスク無しで有望な選手を引き抜く例も多く見られます。また、Jリーグクラブから海外クラブへ選手が移籍する際にも、対価としての移籍金を得られないことがしばしばあります。この状況は非常によくありません。
 なぜなら、チームが得られるべき資金を得られないという問題もありますが、それと同時に、選手が海外クラブから正当に評価されないという弊害さえ生じてしまうからです。


 海外クラブがJリーグクラブから選手を買う場合に、移籍金がかからないことが当然のこととされると、選手の実力に対する評価が甘くなり得ます。それは例えるならば、選手が、スーパーで半額シールの貼られた惣菜と同じ扱いを受けるということです。
 このことは反面では海外移籍のハードルを低くしてくれるかもしれません。しかしだからといって、それが選手にとって幸せなことでしょうか。そうではないでしょう。選手には、移籍金を払ってでも必要な選手だと評価され、さらに言えば、複数のクラブが移籍金額の多寡を競うような形で移籍していって欲しいです。
 そのためにも、ゼロ円移籍がまかり通る日本の現状は改められるべきだと思います。そしてそれは、日本サッカーの発展に向け必要不可欠なことだと思います。


 ではゼロ円移籍を無くするためにどうすればいいのでしょうか。
 まずマスコミが、国外と同じ基準で国内の移籍について報道して欲しいです。上の(※1)の例であげた大久保嘉人の移籍ニュースでは、移籍金が発生したことまでは分かりますが、その額は分かりません。
 一方、海外の報道ではサッカー選手の価値が、予想される移籍金の額によってランキング付けされたりもします。日本のスポーツ報道に関わる方々も、それくらいのことは知っているはずです。
 しかし未だにサッカーの移籍報道について、国内と国外で異なる基準から、ダブルスタンダードになされています。その二重基準は何とか解消していただきたいところです。
 そして、サポーター個々人でできることはなにかあるでしょうか。なかなか難しいかもしれませんが、応援するクラブから有力選手の流出があった際には、きちんと移籍金が回収されたかをチェックし、ときにはクラブに意見を投げかけるべきかもしれません。


 以上、齋藤学の移籍をきっかけに日本サッカー界からなかなか払拭されないゼロ円移籍への不満を記しました。


 ※1:【川崎】F東京・大久保が異例の1年出戻り 年俸半額6000万円で合意 : スポーツ報知


 ※2:2017-18シーズンにヘルタ・ベルリンに所属している原口元気がその典型例です。


 補足:下にリンクを貼ったニュースのように、ゼロ円移籍の問題に切り込んだニュースも近頃増えています。こういった視点からの報道がより広まることを期待したいです。
thepage.jp